静岡市のエステサロンivy(アイヴィ)

静岡市葵区呉服町のプライベートサロンivy(アイヴィ)です。
青葉通り沿いにあり、とてもわかりやすい場所にあります。


054-221-8711
ivy@rx.tnc.ne.jp


ほかのお客様を気にすることなくワンルームを1人で贅沢に使っていただいて、リンパマッサージやリフトアップフェイシャルを行います。
クラシックを聞きながらマッサージを受けてみませんか?
体質改善はもちろん、癒しのひとときがお過ごしいただけます。



記事一覧(9)

不妊治療に対する満足度はそれぞれでいいじゃない!?

産んで育てる働き方、産まない働き方私には子供がいませんので、いつ・どのタイミングでお仕事の予約をいただいても対応が可能です。その分お客様のご要望にお応えできることが多いのがこのサロンのメリットでもあります。平日の午前中は主婦層のお客様・平日の夕方は会社帰りのOLさん。平日の昼間はシフトでお仕事をされている方。休日はお休みの方がご来店。。。というように、いつでもご予約が可能です。今のスタイルで仕事ができているのは「子供がいないから」。これはほかのサロンとの大きな差で、ivyにとっては「子供を産む・産まない」は働き方・サロンのあり方・自分の生活スタイルそのものなんですよね。ここからはA子さんの体験談です。▼39歳で不妊治療に挑戦するも失敗。でも、得たものも大きかった。39歳という年齢で挑戦するのは遅かったと思う。タイミングが許す状況になったのが39歳だったので仕方ない。「40歳までに妊娠しなかったらやめる」と決めて、体外受精にチャレンジ。不妊治療は「大変そう」と思われているけど、本当に大変。時間が拘束されてしまうので最低でも5日1度、治療や検査内容によっては毎日病院へ行くことになります。会社や同僚の理解がないとなかなか治療が進まないのです。やっとの思いで受けた体外受精も実らず、計80万円かけて妊娠できなかった悔しさと、妊娠できない不全感のようなものを味わいました。「2回ぐらいで?!」と思うかたもいると思います。でも、2回で充分だったんです。そもそも本当に子どもを欲しいと思っていたのかも怪しいですし、根性も覚悟もなかった。それでも、不妊治療はいい経験だったと思います。ものすごい確率で人は生まれてくるのだとわかったし、自分を産んでくれた親に感謝もできました。そして、産み育てている人を尊敬したし、不妊治療を頑張っている人の気持ちも痛いほどわかった。また、子どもがいなくても楽しい人生を送っている人がたくさんいることにも気づきました。不妊治療をやめた後も、実はモヤモヤとしていて「不妊治療をやめたら妊娠した」という話も聞いていて、でも、猪突猛進に妊活に励んだときのテンションはもうない。はっきりと覚えていないけど、42歳くらいまではモヤモヤとしていて、諦めたのはいつだったのか。体力の低下、仕事の忙しさと楽しさ、そして生理の乱れなどが重なっていき、徐々に意志が固まってきたような気もする。今は、45歳。「産まない人生を選択した」。モヤモヤしたときもあったけど、問われたら「産まない人生でしたけど、子どもがいない人生を楽しんでいます」と答えると思います。後悔もないし、やることはやったし、たぶんこれからも「子どもがいない人生で楽しいよ」と言い続けと思います。「産む」「産まない」は家族や世間が決めることではない「産まないです。子どもはいりません。」という意思は、なかなかしづらいと思います。子どもを産み、育てることが美化されすぎているせいで、その圧力に逆らうことをしにくかったんだと思います。「産む・産まない」は、自分で決めることだし、誰かのためにやらされることでもない。孫の顔が見たいという親や親戚のためでもないし、「子どもを産んで一人前」のような世間の声に一喜一憂することもないと思います。自分の人生の主語は誰なのか、考えてみると答えは簡単ですね。産まない人生を選んだからといって、産むことを否定しているわけでもないし、子どもが欲しい人には頑張ってほしいです。不妊治療を受けていて、不安が募っている人も応援したい。また、子どもを産みたいと考えたことがなかった人も、もしかしたら5年後、突然子どもが欲しくなるかもしれない。そんな心の変化だっていいと思います。「女はこうあるべき、妻はこうあるべき、母はこうあるべき」という思い込み。こんな思い込みはない方がいいですね。体外受精の回数を「2回しか」捉えるか「2回も」と捉えるか。それは自分が決めればいいんです✧回数じゃなくて満足度なんですね(*^^)v

寝るだけの「ずぼら」妊活

なるべく簡単に(むしろ何もしたくない・・・)・身体を温めたい!・血流を良くしたい!・健康になりたい!皆様に朗報です✧ サロンのベッドに「ホルミー」のシーツとピローシートを導入しますっ!!!ホルミーシリーズの商品は、鉱石のホルミシスパウダーを樹脂プリントしてあります。ホルミシスとは何ぞや!?というところからですよね。 【ラドンガス(低線量放射能)】を利用したもので、なぜか少量であるならば人体に良い影響しか与えない物質となります。(難病患者さんやガン患者さんが多く訪れるという、秋田県の玉川温泉が有名ですよね。)ホルミシスのすごい効果✧ 美容効果がある健康効果がある活性酸素を抑えるので老化の防止する病気への免疫力向上新陳代謝の向上自律神経を整えストレスを解消できる自然治癒力の向上細胞の活性化体温UPが期待できるなどなど、美容と健康の両方を同時に得ることができるすごい物質となります。そして大事なのは妊活に必要な「血中のセロトニン濃度の安定化」(セロトニン=女性の幸せホルモン)が期待できるということですヽ(^o^)丿こちらのホルミシスを使って実際に妊活で成功されている人にお会いすることもできました♫まずは皆さんが手に取って肌で感じていただきたいと思っています。3秒で結果がわかるデモンストレーションも行っていますので、体感してみたい方はお気軽にお問合せ下さい。ホルミーシリーズの製品はラインナップも豊富なのできっと気に入っていただける製品に巡り合えると思います(*^_^*)

「子供を産まない選択は勝手」!?

とっても気になる記事があったのでご紹介しますね。■日本は「子どものいる女性」の幸福度が低い傾向にある2013年に発表された内閣府の調査結果「子どもを持つ若年層を対象とした幸福度に関する研究」や、そのほかの民間のアンケート調査結果を総合的にみると、日本でも子どものいない女性に幸福度が高い傾向がある。  日本では待機児童問題も解決せず、生涯出生率も減る一方である。子供を産むことに経済面や精神面から不安を感じている女性も増えている。子育て支援の政策が薄い日本では育児環境に不安があることがわかる。.  内閣府の調査では、特に、子供のいる女性の中でも「共働き世帯の忙しい女性」と「若い女性」には顕著に幸福度が低くあらわれた。年齢が低いほど幸福度が低く、生活満足度においても満足度は低い。将来も悲観している傾向がみえた。  常時、雇用されている女性は、経済面に不安を感じているだけでなく、夫などの手助けが足りず自分だけで育児と家事を抱え込んで負担を感じていることが想像できる。  こうした状況が日本で出生率が増えない原因を物語っているのではないか。日本で出産した場合、幸せを感じづらい。だから、産まない選択をする女性が増えるわけだ。生涯独身女性が、5年で10%から14%に増えているのもそのせいかもしれない。そんな状況にあるなら、「子どもを産まないほうが幸せ」と考えることも、「産まない選択」をすることも、決しておかしなことではない。▲このような記事から皆さんは何を思うでしょうか?

ブライダルエステ+妊活→〇〇〇〇〇〇〇 3日で綺麗になるスゴ技

8月の終わりに挙式のH様。ブライダルエステを始めたのは6月のこと・・・ アトピーもあり以前行ったブライダルエステでは肌荒れがヒドク断念(T_T)でもドレスのフィッティングにいくと「エステに行かなくてわっ!」と、思い切ってivyにご予約してくれました。 もちろん8月挙式までの綺麗になっていただくことは大前提に、そのアトピーがH様の子供に受け継がれることが気になっていた私・・・せっかくならと、ブライダル前にお肌も綺麗になるし、体重も落ちるからファスティングオススメしました✧「出産は最高のデトックス」という言葉があるように、産む母はデトックスできるのですが、解毒されたものは子供にパスしてしまうんです(@_@;) そんなことがあってはならない!!!!!ファスティングでそのスパイラルを断ち切ってほしい!!!!! タイミングは今でしょっ!!!!! ということで、人生ではじめての断食。H様もはじめから乗り気だったわけではありませんよ。「3日も食べない」なんて恐怖でしかないですもんね。だからこそivyでは丁寧なカウンセリングを重ね、ファスティングの目的を頭で理解していただいてから実施していただいていますし、ファスティング中はLINEで常に連絡が取れるようにサポートをお約束しました。 明日からファスティング準備期になるH様に今日送ったLINEです。↓